忍者ブログ
女流書道家 繭絹子(MAKIKO)のブログ
[77]  [75]  [68]  [64]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11日の作品と感想をご紹介します。


トップバッターは「歩」


とてもキレイな線がでています


ご本人は「書道未経験」と仰っていましたが、とてもそうは思えないほど


素晴らしい作品です


まっすぐな線はまっすぐに。


力強い一歩が踏み出せる作品となりました

fc8daf79.jpg

作者ご本人感想:


「墨の香りとお香の漂うゆったりとした空間で、温かいみなさんと一緒に書初め。


非日常のような、なんともいえない雰囲気の中でのとっても素敵な時間でした。


どうもありがとうございました♪」


************************************

薄墨で、なおかつ渇筆を出したいとのご要望があった


下記作品「気」


この薄墨&渇筆をみてください


難題でしたが、みごとに表現されています


墨や水の量を細かく調節して作品が完成しました


まるで職人技ですね

100111_1600~03.jpg

作者ご本人感想:「①セッションの実施・・・相手から質問されて答えることで、


自分を見つめ直して、思いつかなかった字を見つけていただきました。


②感心したことは、先生が一人一人


参加者の良い点を褒め、しかも褒め方が上手な点です。


③お茶菓子の効果・・・個々のキリのいいところで一息いれて、周りを見たり、


ちょっと考えたりして、気持ちを入れ替えることが大事なんだと改めて思いました



*************************************


成功の「成」


何度も何度も練習していくたびに


上達するのが良く分かる書でした


墨も濃くし、渇筆で意志の強さを表現した作品です。


作者の方は呼吸を大切に書をしていました

100111_1600~01.jpg

作者ご本人感想:


「忙しい生活の中での今回の参加。


達成や成功の「成」を書きたい。


集中して書けたので、良かった」


**********************************


上下のバランスが絶妙な
「真」


女性らしさと男性らしさが混在した逸品です。


作者の方にお話しを聞いたら「(男性らしい面と女性らしい面が)すごくある


とよく人に言われる」とおっしゃっていました


やはり字にはその人が表れますね


8afb7efc.jpg

作者ご本人感想:「今までストレス解消に運動などはしてたけど、


書道がこんなにも人の心を潤おすとは・・・感動しました。


自分が書く文字も普段は全く意識していませんでしたが、


なんだか自分の性格が出ているな~と改めて発見したり。


早速部屋の窓の近くに飾って、朝太陽に向かって瞑想したときに


「真」を見つめ、心を整え、贅沢なヒトトキを過ごしました


**********************************

みなさん、本当にすばらしい作品ですね


ありがとうございます


次回のブログにも引き続き、


作品を掲載させていただきます












 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 小柴 正]
[05/07 Emi]
[05/03 hikari]
[04/14 Emi(O原でご一緒だった)]
[04/13 Emi(O原でご一緒だった)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「飾る書道」代表   MAKIKO
性別:
女性
職業:
書道家
趣味:
海・旅行
自己紹介:
女流書道家。
教室は千葉県船橋市にあります。

≪企業の皆様≫
    ↓
経営者自身が書く社訓のコンサルタント指導。
毛筆のロゴ等についてもご相談ください。

≪個人のお客様≫
   ↓
月謝制の書道教室ではなく、3回完結の「飾る書道」。マタニティ書道、命名書道の指導も行っております。

≪For Foreigners≫
Please feel free to inquire if you are interested
in Japanese calligraphy(shodo).

お気軽にお問い合わせください☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]