忍者ブログ
女流書道家 繭絹子(MAKIKO)のブログ
[111]  [116]  [110]  [109]  [107]  [105]  [104]  [99]  [103]  [96]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の頃は優等生でした(多分)。


でも書道に関しては 少しエキセントリックだった


よく言えば 情熱的なのかもしれません


「この書がうまく書けなかったら死のう」


6歳くらいで そう考えて 書いていた


今 考えると超~怖いです


そんな子供、 嫌です 


私は今でも 思ったとおりに字が書けないと


たまに ゴミ箱を蹴ったり (ここだけの話) 


師に八つ当たりしたりします


(もちろん 師は動じません)


先日、兄弟弟子(?)の60代女性の書道師範に


「MAKIKOさんはいいわね~ 八つ当たりができて。


私も書けないときに 八つ当たりしたいわ


と言われ ハッっと 気が付きました


”書道界で 偉い人(師)に八つ当たりしちゃいけないんだ


ではなくて、


”みんな 悩みながら書いているんだ


幸い 私のクライアントさんには 私のように


八つ当たりする人はいないので とても良いです


(私の指導が良いせいかもしれませんね(笑)


というか、もしいたら嫌です。 八つ当たりは許しません


「他人からされて嫌なことは 自分が他人にもしない」


人として 基本中の基本です


33歳 とっても 反省中・・・


先生ごめんなさい


悩みながら 書をすることを これからも


放棄しません。


真摯な姿勢で これからも 書きます


ここに 宣誓します














 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
MAKIKO先生。
素直で可愛いですね^^
「宣言」されたんですね。。了解です。
花水木 URL 2010/03/08(Mon)11:31:45 編集
Re:無題
花水木さんありがとうございます(^o^)丿

「責任」という言葉の意味を本当に理解できるのが、本当の大人ですよね

(書道に関してだけではなく、”全てのことにおいて”)

幼稚なストーリーで恐縮ですが、こういうことって大人でも誰にでも
あると感じたんです。(例えば、会社員なのに自分の会社の悪口いう
人とか・・・(笑)

私は自分自身に「責任」ある大人になれるようにがんばります
【2010/03/08 16:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 小柴 正]
[05/07 Emi]
[05/03 hikari]
[04/14 Emi(O原でご一緒だった)]
[04/13 Emi(O原でご一緒だった)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「飾る書道」代表   MAKIKO
性別:
女性
職業:
書道家
趣味:
海・旅行
自己紹介:
女流書道家。
教室は千葉県船橋市にあります。

≪企業の皆様≫
    ↓
経営者自身が書く社訓のコンサルタント指導。
毛筆のロゴ等についてもご相談ください。

≪個人のお客様≫
   ↓
月謝制の書道教室ではなく、3回完結の「飾る書道」。マタニティ書道、命名書道の指導も行っております。

≪For Foreigners≫
Please feel free to inquire if you are interested
in Japanese calligraphy(shodo).

お気軽にお問い合わせください☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]