忍者ブログ
女流書道家 繭絹子(MAKIKO)のブログ
[9]  [5]  [6]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尺八奏者の金野鈴道氏が10月に上野で行う演奏会のパンフレットの
題字を書かせていただきました。

琴古流最高位、虚空庵大師範(すごい
の方の演奏会の題字を書かせていただけるという光栄なお仕事に感謝です。
4dc791e4.jpg

今まで尺八というものをテレビや映画の中でしか聴いたことがなく、

尺八に対して全く知識のなかった私ですが、

実際に金野さんの演奏を聴いてみると

「力強い!」迫力に圧倒されます。。。

「日本の静かな音楽」というイメージが覆されました

パンフレットはA4サイズなのですが、実際私が書いた大きさは半切サイズ
(約1m30cmくらいの長さ)です。

実際に見ると看板のような大きさです。

書き終わったときには、痩せていたと思う。。。

金野氏の尺八の力強さと芯の太さを表現すべく、書体は隷書体で。

力強い中にも優しさと温かみのある大先生の尺八をイメージして、すこし丸みのある文字に仕上げています

パンフレットの絵は金野さんのご令嬢でペン画アーティストの千絵さんが描かれたものです。

溜息がでるくらいの微細な線で描かれた美しい絵です。

尺八も書道も日本が世界に誇る、我が国の伝統芸術です。

この作品を書かせていただけたことに、感謝です。

金野鈴道氏HPはこちら↓
 homepage2.nifty.com/shakuhachi-reido/profile.htm

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとう!全てに感謝!
繭絹ちゃん
おッはッよッ!!尺八の金野鈴道です。
ただ今、朝の3:00。小生のパソコンタイムです。
今日は10月21日(水)、あなたに作品を提供いただいた尺八リサイタルが5日前で、それまではゆっくりNetサーフィンも出来ていませんでした。
HPとブログ開設の予定はお聞きしていましたが恥ずかしながら初めてお伺いしました。
とっても素敵な「女の子の家」に胸ドキでお邪魔したような感覚で廊下を進んでいたら、ぬわんと、開設一番にこのブログに出会いました。
遅まきながらおめでとうございます(パチパチ)
この奏楽堂(重要文化財)でのリサイタルもほぼ満員のお客様でお陰さまで大盛況。
「書」と「ペン画」と「尺八」のコラボは、殆どのお客様から話題にされました。
改めてありがとう!
改めておめでとう!
今後一層のご活躍をお祈りします。
金野鈴道 URL 2009/10/21(Wed)04:27:45 編集
うわっ!金野さんだ!
金野さんコメントいただきありがとうございます
それと演奏会おめでとうございます 私は仕事で残念ながら駆けつけることができなかったのですが、本当に素晴らしい演奏会で大盛況だったとお聞きしました
あの音楽堂を満員にするなんてさすが金野さん!!
私も駆け出しの書道家として、がんばりますので今後もご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします☆
MAKIKO 2009/10/21(Wed)23:24:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 半紙 HOME 開通☆ >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/03 小柴 正]
[05/07 Emi]
[05/03 hikari]
[04/14 Emi(O原でご一緒だった)]
[04/13 Emi(O原でご一緒だった)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「飾る書道」代表   MAKIKO
性別:
女性
職業:
書道家
趣味:
海・旅行
自己紹介:
女流書道家。
教室は千葉県船橋市にあります。

≪企業の皆様≫
    ↓
経営者自身が書く社訓のコンサルタント指導。
毛筆のロゴ等についてもご相談ください。

≪個人のお客様≫
   ↓
月謝制の書道教室ではなく、3回完結の「飾る書道」。マタニティ書道、命名書道の指導も行っております。

≪For Foreigners≫
Please feel free to inquire if you are interested
in Japanese calligraphy(shodo).

お気軽にお問い合わせください☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]