忍者ブログ
女流書道家 繭絹子(MAKIKO)のブログ
[94]  [90]  [92]  [91]  [89]  [78]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、妊婦さんに間違えられて電車で席を譲られました


なぜか2回目の経験です。。。


今日はそのお話をします


先日、席を譲ってくれたのは40代くらいの男性でした。


立って吊革に掴っている私の目の前に座っている人ではなく、


その男性は少し離れた席に座っていたのに席を譲ってくれました


急に「座ったら?」と言われて、「あ、結構ですと答える1秒の間に


私の頭の中はこういう状態でした。


「え?私に席を譲ってるのかな?この人は」


「なんでだろう?私、今、貧血に見えるのかしら?」

(パニックで色々考える)


「あ妊婦さんと間違われてるんだ


私が「??」という顔をした後に「結構です」と答える瞬間


相手も「もしかしてこの人、妊婦じゃないと感じたのが


私にも感じられました。


すご~い 気まずいです


お互い超~恥ずかしいです


周りの人も「なに?この人たち・・・」って感じで


見てるような(気がします)


でも、ご厚意で席を譲ってくれたのだから


本当に嬉しいです


「本当に優しい方なんだな~」という感情とか


「思いやりのある方がいるんだな~」とか思って


幸せになります


100205_1828~010001.jpg


お気に入りのAラインのコートだったので、間違われたのかもしれません


でもその前は、普通のコートだったのに 60代くらいの女性から


「ごめんなさいね~気づかなくて座ってください」


と言われ席を譲っていただきました
(強引に座らせられました)


”すいません”と”ありがとうございます”を


譲ってくれた女性に ひたすら 繰り返す私・・・


「私って、そんなにお腹が出てるのかな・・・」


ちょっと落ち込みましたが、


「妊婦さんみたいに、幸せそうに見えるんだ


超positiveな私はそう思うことにしました


本当に感謝です



しか~し 妊婦ではない私に


私より年上の方たちが席を譲ってくださるのは


申し訳ないので、スマートな対処法があれば


どなたか教えてくださいませ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 小柴 正]
[05/07 Emi]
[05/03 hikari]
[04/14 Emi(O原でご一緒だった)]
[04/13 Emi(O原でご一緒だった)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「飾る書道」代表   MAKIKO
性別:
女性
職業:
書道家
趣味:
海・旅行
自己紹介:
女流書道家。
教室は千葉県船橋市にあります。

≪企業の皆様≫
    ↓
経営者自身が書く社訓のコンサルタント指導。
毛筆のロゴ等についてもご相談ください。

≪個人のお客様≫
   ↓
月謝制の書道教室ではなく、3回完結の「飾る書道」。マタニティ書道、命名書道の指導も行っております。

≪For Foreigners≫
Please feel free to inquire if you are interested
in Japanese calligraphy(shodo).

お気軽にお問い合わせください☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]