忍者ブログ
女流書道家 繭絹子(MAKIKO)のブログ
[39]  [38]  [36]  [35]  [34]  [25]  [24]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
ちょっと素敵な出会いとは・・・

たまたま立ち寄った和物を扱っているお店で箸作りの実演がやっていました

0582ba87.jpg

実演をされていたのは、江戸漆職人の三田村善次さん。
本当は和竿(何十万円もする高価なものだそうです)の職人さん

091012_1343~01.jpg

私が美しい箸にみとれていると、実演の手を止めて箸の説明をしてくれました

目をキラキラさせて自分の仕事について語る職人さんは本当にかっこよかった

これらの箸は後継者がいなく、もう作る人がいないそうです。

素晴らしい日本の技術なのに~」と私が言ったら

海外のお客様も三田村さんの作品を好んで買っていくそうです
(やぱっり国内・国外問わず素晴らしいものが絶える前に買う人は多いんだな~)

dc469734.jpg

私も美しい箸を買ってみました

4千円の1番安いお箸を買いました(私の中では高級箸

使いやすいのはもちろんだけど、なにより感動したのはアフターフォロー

お箸の色が剥げてきたら持ってきてね」職人の誇り高さが分かる言葉。

 自分の作品をまるで自分の子供のように思う気持ちが伝わってきました

私も作品を作る者としておおいに共感ができて嬉しかった

やっぱり職人はかっこいい三田村さん素敵な出会いをありがとう。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も欲しい!
このお箸、すごく素敵ですね!
いつも売っているんでしょうか?
久しぶりにららぽに行ってみたくなりました(元千葉県民)
zukko 2009/11/03(Tue)17:11:58 編集
ららぽ
さすがzukkoさんお目が高い!
ららぽの「置地廣場」という雑貨屋さんにも置いてありますが、
三田村さんは銀座の「夏野」という箸専門店で専属契約をされているとのことでした☆
銀座「夏野」のほうが都内在住のzukkoさんには便利かも
夏野のURLはこちらです。
http://www.e-ohashi.com/products/detail.php?product_id=240

千葉県民だったんですね~驚き!
今度どこだったか聞かせてください☆
【2009/11/05 10:46】
無題
お箸が輝いて見える
剥げてきたら替え時なのかしら

ららぽは学生の頃よく行きました
行く度に変わっていたりして、一日じゃ回りきれなかったなぁ
懐かしい(私も元千葉県民)
オレンジゼリー 2009/11/04(Wed)16:38:55 編集
千葉県民多し?!
そうなんです~
「あお貝」という種類のお箸なんです☆キラキラですよ~
先端がすご~く細いので、機械で作ると折れてしまうそうです。

「ららぽ」は広いですね~☆
本当に1日じゃ廻りきれない
【2009/11/05 10:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 小柴 正]
[05/07 Emi]
[05/03 hikari]
[04/14 Emi(O原でご一緒だった)]
[04/13 Emi(O原でご一緒だった)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「飾る書道」代表   MAKIKO
性別:
女性
職業:
書道家
趣味:
海・旅行
自己紹介:
女流書道家。
教室は千葉県船橋市にあります。

≪企業の皆様≫
    ↓
経営者自身が書く社訓のコンサルタント指導。
毛筆のロゴ等についてもご相談ください。

≪個人のお客様≫
   ↓
月謝制の書道教室ではなく、3回完結の「飾る書道」。マタニティ書道、命名書道の指導も行っております。

≪For Foreigners≫
Please feel free to inquire if you are interested
in Japanese calligraphy(shodo).

お気軽にお問い合わせください☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]